2008年08月27日

悲愴感のデビューイベントに…

なに、悲愴感って?はじめはそう思ったが、記事を見て納得。
アンガールズ・田中卓志、ロバート・山本博、ドランクドラゴン・鈴木拓からなるユニットで、悲愴感というらしい。羞恥心といい、変わった、同じような名前つけるなぁー。会社は、これで、売れれば何でもいいと思っているのか、しゃれなのか、何なのか。ただ、歌声とかが意外にうけているらしい。どこまで伸びるのかな。



潜在異色 vol.1〜人気芸人が初めて見せるヒミツの出し物〜


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080827-00000001-oric-ent


悲愴感のデビューイベントに2000人! 羞恥心の動員記録に並ぶ
[オリコン]
バラエティ番組『はねるのトびら』(フジテレビ系)から生まれたアンガールズ・田中卓志、ロバート・山本博、ドランクドラゴン・鈴木拓からなるユニット・悲愴感が27日(水)、東京・池袋サンシャインにてCDデビューイベントを行い、2000人のファンが詰め掛けた。"おバカ"ユニット・羞恥心が4月に同所でデビューイベントを行った際の観客動員数と同じ規模の人気ぶりに田中らメンバーは終始「俺らなんかのためにすいません」と土下座で"悲愴感"を漂わせた。

羞恥心を思わせる衣装でメンバーが会場に現れるや、悲鳴にも似た歓声。山本は「こんな好待遇で迎えられるなんて。芸能界のラストチャンスかも知れない」と恐縮しきりで、田中も「一生の思い出。CDを買っていただければ靴でも舐めますよ。そもそもハゲてるセンター(ポジションの人)っていないでしょ」と自虐的に笑いを誘った。

またライバルの存在を聞かれた鈴木は、腰を低くして「羞恥心に便乗しようとは思っていませんよ〜」と下心をチラリ。ただ鈴木は『はねるのトびら』の収録が控えているとあって、インタビュー中にまさかの途中退場。田中は「今日、収録に嵐が来るからなんですよ。だから僕らをプロデュースした人も来てないんですよ」と嘆いていた。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする