2008年07月25日

ヘキサゴンから生まれたアラジン♪

あのヘキサゴンの平成おバカトリオのPaboと羞恥心が合体した、スーパーユニットのシングルリリースがいよいよ来週に迫っている。ヘキサゴンでも楽曲の先行披露があったが、ノリのいい曲で元気がもらえそうな、いい曲だ。頑張れ日本、戦え日本のサラリーマン、というのがテーマの応援ソングだ。ジャケット画像も公開され、先日、youtubeにそのお披露目の動画もアップされていたが、視聴はなんとかできたが、すぐに削除されてしまった。そりゃそうだ、レーベル側もリリース前だから、困るよね。ヘキサゴンのアラジン
の歌「陽は、また昇る」、 pvの視聴をしたいし、歌詞も気になるね。


おバカと言っても、この女子3名、美の質は高い。。
satodasuzannukinoshita

いかがでしょうか。。
みんな結婚してしまったなんて。。


里田まい 写真集 「my life」 【アイドル】【歌手】【ヘキサゴン】
【送料無料】Oh!スザンヌ
【送料無料】Yukina

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080703-00000016-oric-ent





羞恥心とPaboが“奇跡の合体”! 『アラジン』として究極の応援ソングをリリース
[オリコン]
人気バラエティー『クイズ!ヘキサゴンII』(フジ系)から生まれたユニット・羞恥心とPaboが“奇跡の合体”を果たし、6人組スーパーユニット『アラジン』を結成。7月30日(水)にシングル「陽は、また昇る」をリリースすることが発表された。両ユニットの楽曲を提供している作詞・カシアス島田こと島田紳助と作曲・高原兄のコンビによる楽曲で「頑張れ日本」「戦え日本のサラリーマン」と力強く歌う応援ソングだ。

『ヘキサゴン』で珍解答を連発するタレントの里田まい、スザンヌ、木下優樹菜が注目を集め、韓国語で「おバカさん」を意味するPaboを結成。07年9月26日にシングル「恋のヘキサゴン」をリリースした。さらに、つるの剛士、野久保直樹、上地雄輔による羞恥心は、今年4月9日にシングル『羞恥心』でデビューし、破竹の勢いでヒットを記録。6月25日には2ndシングル『泣かないで』を発売し、7月7日付のウィークリー・シングルランキングでは、2曲同時に10位以内に入る快挙を成し遂げた。そんな“平成のおバカトリオ”2組がファン待望のスペシャルユニットを結成。

「完全無欠のロックンローラー」でヒットを飛ばし、羞恥心、Paboの作曲を手掛けている高原兄が所属していたバンド・アラジンの名前をそのまま引き継いでユニット名に。ガソリンを筆頭に物価が上昇し、庶民の生活がさらに困窮する中、どんな難しい問題も笑いに変える羞恥心とPaboによるスーパーユニット・アラジンが応援ソングを歌い、日本に活力を与えることは間違いなさそうだ。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメント

全員結婚したが、スザンヌはバツイチだ。

コメントする